皮膚筋炎・間質性肺炎・シェーグレン症候群 ~医師が首をかしげる回復~

皮膚筋炎・間質性肺炎・シェーグレン症候群 神奈川県57歳女性

3年前、54歳女性からの相談でした。

49歳の頃、体の痒み、手の荒れ、息切れ、目と口の渇きなどの症状が酷くなったそうです。

受診したところ、検査数値はCK(CPK)が227、KL-6が700、両方とも基準値を超えている状態でした。

検査結果に基づき、皮膚筋炎、間質性肺炎、シェーグレン症候群と診断されたそうです。

2012年の診断当初から、ブレドニン(ステロイド)30mg、イムラン(免疫抑制剤)1㎎が処方されました。

発病から5年たった2017年に相談を受け、症状を抑えるだけの薬に頼らず、回復するための食事改善やデトックス、腸内環境改善を行うことにしました。

長年、薬に頼っていた影響もあり、不安定な時期もありましたが、薬を必要としない体へと徐々に変化していることが分かります。

 

「ブレドニン5㎎を維持量とし断薬は出来ない」と言っていた医師は「何かやってますか?」と首をかしげていたそうです。

心配だった間質性肺炎の状態はKL-6が500を切り、症状もなく数値も安定しています。

医師の口からも「間質性肺炎は大丈夫ですね」と嬉しい言葉が聞けたそうです。

仕事と家事をこなしながら、友達とランチ行ったり、趣味を増やしたりと元気に過ごされています。