難病克服レシピ~レモンで爽やか赤紫蘇ジュース ~

赤紫蘇には強い殺菌作用があって、腸内環境を正常に戻してくれたり、炎症を抑えてくれたりする効果もあるそうです。
βカロテンやポリフェノールの抗酸化作用、豊富な鉄分で貧血予防疲労回復と、からだに良い成分がたくさんあるので、潰瘍性大腸炎だった娘にもよく作ったもんです☆彡

★材料★

赤紫蘇  300g
粗製糖  250g
水     1リットル
レモン汁 150cc(瓶のレモン汁でも可)

★作り方★

①赤紫蘇は茎から葉だけを外し、大きなボールで数回水をかえながらキレイに洗う。
洗った赤紫蘇はザルにあげ、水をきっておく。

②大きなステンレスもしくはホーロー、ガラスなどの大きめの鍋に分量の水を入れ沸かす。
沸騰したら水 切りした赤紫蘇を入れる。

③5分程度弱火にして煮出します。灰汁が出た場合は取りのぞきます。
※ 赤紫蘇は緑色になり、煮汁は深い赤色になります。

④ザルで濾し、おたまなどの背で赤紫蘇をギューギュー押しながら葉を絞ります。

⑤絞った煮汁を鍋に戻入れ、そこに粗製糖をいれて3分ほど煮溶かします。

⑥最後にレモン汁をいれて出来上がり。

★ワンポイントアドバイス★

赤紫蘇のジュースは普通かなりの砂糖が入ります。
砂糖をたくさん入れると保存性もあがるし希釈でも飲みやすくなりますが、やはり飲み物にたくさんの砂 糖が入るのはからだにも良くないので、このレシピはあっさりと飲みやすくやりからだに優しい分量になっ ています。
保存性は低いので、保存する瓶や容器は煮沸消毒の上、要冷蔵でお早めにのんでくださいね。
甘くない紫蘇ジュースが良い方は、砂糖を全く入れずに作っても爽やかで美味しいです。
その場合もお早めに飲んでくださいね。

by 風花ごはん かあさん
*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

娘との闘病中に試行錯誤しながら考えたレシピです。
娘の難病が治り、元気に大人に育った今、少しでも体に良いものを提供したいと、からだに優しい料理店をしております。
店名:風花ごはん(FUUKA)
住所:高槻市川西町1-26-25
電話:072-681-6455