【全身性エリテマトーデス・ループス腎炎】

全身性エリテマトーデス、ループス腎炎の女性

22歳の時に食中毒から腸閉塞と診断され手術を行い、その直後に全身性エリテマトーデスを発症したそうです。
ステロイドパルス5回、その後、プレドニゾロン(ステロイド)50mg、セルセプト(免疫抑制剤)1000mg服用から治療が始まりました。

翌年、23歳の時に電話相談を受け、食事改善、腸内環境改善、七葉純茶、鍼灸、よもぎ蒸しなどを行い、徐々に減薬されました。
一時期、肝臓の数値が悪化することもありましたが、電話相談から半年後の2017年2月には、検査数値の全てが基準値内になり、体重も増え始めました。

その時点でプレドニゾロン(ステロイド)5mg、セルセプト(免疫抑制剤)1000mg服用
順調に減薬していたのですが、主治医からはプレドニゾロン(ステロイド)5mg、セルセプト(免疫抑制剤)1000mgが維持量との説明を受けたそうです。

しかし、減薬し断薬を目指す意志は変わりませんでした。
「医師からはプレドニゾロン4㎎からは絶対に減らさない!」と強く言われたそうですが、それでも断薬の意思は変わりません。

2017年7月にセルセプト断薬、その時点でプレドニゾロン1㎎でした。
2018年1月からはプレドニゾロン1㎎を隔日に飲み、2月に無事に断薬に成功しました。

全ての薬を断薬し、1ヵ月後に検査を行いましたが問題はなく、現在は元気に、夢だったアロマのお仕事をされています。

8時間労働、6連勤とハードな時もあるそうですがアロマの資格取得を目指し、活き活きと仕事されてます。
今後は3年間の闘病経験、アロマの知識を活かして、人を笑顔することが夢だそうです。

サポートを受ける中で感じたことですが、ご自身の内側にある課題をうまく克服し実践されました。
自身の課題に対して勇気を持って行動し、変化していく自分を感じながらの闘病だったと思います。
その素直さと行動力が難病克服に繋がったと思います。

この経験をこれからの人生の力に変えて夢に向かって欲しいです。